2020年1月28日火曜日

全日本金銀創作展・受賞作品展





昨年の秋に開催された第13回全日本金銀創作展におきまして

彫金工房Aikawaの作品・市松木目煙草箱が第2位を頂き

経済産業省より賞を授かる事ができました



この全日本金銀展の受賞作品を集めた展示が

銀座・宮本商行様にて1月29日~3月19日まで開催されます











お近くにお越しの際には是非

お立ち寄り頂き、のぞいてもらえたら幸いです

宜しくお願い致します





                          彫金工房Aikawa 相川千明






                                                                                                       

2019年12月29日日曜日

市松木目煙草箱 完成







前回までの投稿
市松木目煙草箱の制作過程1~9を経て完成しました





                        市松木目煙草箱




このタバコケースは全日本金銀創作展にて
見に余る光栄な賞を頂く事ができました

そして、授賞式ではリスペクトな職人さん達から
色々と声もかけてもらい

この作品を通して実りある一年を締めくくる事ができました

年明け1月29日から2ヶ月間
銀座・宮本商行様にて展示が決まっております

また、詳しい事は後日お知らせしたいと思います

今年一年、ありがとうございました




                    

                          彫金工房Aikawa 相川千明





2019年12月25日水曜日

市松木目煙草箱 制作9






市松木目煙草箱の制作過程



最終工程です
バネを作り仕込んで組み上げます




色上げを完了させたタバコケース本体と留め帯です




留め帯に仕込むバネを作っていきます

バネはK18での制作です




帯の水平やバネの効きを確認してカシメます

そして、本体のヒンジに芯棒を入れカシメて完成となります





                           彫金工房Aikawa 相川千明






2019年12月21日土曜日

市松木目煙草箱 制作8






市松木目煙草箱の制作過程



タバコケースの全部品が揃ったので
色上げをしていきます




各部品を重曹や炭粉を使いキレイに脱脂していきます




緑青と硫酸銅の混合液に漬けて煮込みます

赤銅を使っているので、今までの過程で銅色だった部分は
キレイな黒に色が上がります




市松模様と木目金が白黒にはっきりと分かれて
今までの工程の雰囲気と全くの別物に変身します




こんな感じに色上げが完了しました


最後にバネや芯棒を仕込んで組み立てていきます





 
                           彫金工房Aikawa 相川千明







2019年12月14日土曜日

市松木目煙草箱 制作7







市松木目煙草箱の制作過程


タバコケースの開閉ボタンを作っていきます




本体にボタンを通す穴を開け
裏に板バネを仕込んでいきます

ボタンはK18で制作しました




裏側に仕込む板バネは
本体内側の銀で岩石槌目と揃えました

バネ機能を活かすため
銀は割合を変えての銀合金を作り
弾力性を持たせてあります




ボタンとバネを仮設置して
開閉の問題はないか、隙間なく噛み合わさるか、
何度も確認作業を行い整えます




部品をカシメてしまってからではやり直しがきかないので
ボタンや帯のバネの効き具合もよく確認して最終工程に進みます




タバコケースの全ての部品が揃いました

各部品を色上げして、組み立てに入っていこうと思います





                             彫金工房Aikawa 相川千明






2019年12月3日火曜日

市松木目煙草箱 制作6







市松木目煙草箱の制作過程


前回はタバコを留める帯を制作したので
それを支える軸芯をロウ付けします




ケース外側に軸芯を通す穴を4か所開けます

そこにパイプを通してロウ付けします




パイプを通したケース外側には飾りの
K18の丸玉を取り付けようと思います




外側に丸玉と内側に短いパイプをロウ付けしました

ケース全体が全てロウ付けでの接ぎ合わせなので
ここまでくると火を入れる過程はまわりのロウを刺激しないよう
一発勝負なので緊張します




4か所のロウ付けが終わり
火入れした後の酸化膜をキレイにしてみました
自分的には薬品を使った色上げ仕上げにするより
この自然な質感のままが好みです

色々な作業が進んできましたが
残るはケース開閉のボタン制作となります





                              彫金工房Aikawa 相川千明






2019年11月29日金曜日

市松木目煙草箱 制作5







市松木目煙草箱の制作過程


前回、ヒンジ制作までアップしました

タバコケースの外形が成してきたので
内側に仕込む部品を制作していきます

ケースにタバコを収納した時に
タバコを留める帯を制作します




タバコ留めは外側の市松模様に合わせて作ります

まずは同じ素材で部品を切り出し
接ぎ合わせします




タバコの収納本数の寸法計算をして
ケース内側にきっちり収まるように足を制作しました




ケース内側全面が岩石槌目になっているので
タバコ留めの足や裏側は岩石槌目で揃えて仕上げました

前に作った荒らしの当金がこんな時には
めちゃめちゃ役立ちます




タバコがぴったり収まり高さ寸法もバッチリです




ケース内側に帯を取り付ける時は
バネを仕込んで可動式に作ります

次回は帯を本体に取り付ける際の
軸棒を制作していきます





                           彫金工房Aikawa 相川千明






2019年11月22日金曜日

市松木目煙草箱 制作4







市松木目煙草箱の制作過程

ケースの両蓋が形を成したので
これを繋ぎ合わせるヒンジを取り付けていきます




丸パイプを作り等間隔に切って並べます




両蓋交互にロウ付けで取り付けます
仮付けの少量のロウを一度流し、固定させた後に
一気にロウを流し込みます

ケース全体どこをみても全てロウ付けだらけですので
ここまで来ると火を入れて他の部分を溶かさないように
ロウを流し込んでいく作業も緊張感が走ります






ヒンジの取り付けが完了したら
細い芯棒を通して平行や噛み合わせ等の確認をしっかりと行います

外側は木目金と市松の模様板
内側は銀張りの岩石仕上げ

外側と内側で違う風景を楽しめるよう
2層仕立てで作り上げたタバコケースとなります

この後はこのデザインに合わせて
内側の取り付け部品を作っていきます





                           彫金工房Aikawa 相川千明







2019年11月15日金曜日

市松木目煙草箱 制作3







市松木目煙草箱の制作過程

前回、板からケースの形を成してきました




ロウ付けで火を入れると板面積があるのでたわみます
当金にあててキレイに叩いていきます




両方のサイズや噛み合わせがピッタリになるよう
きっちりと合わせていきます

キレイに叩き合わせたら内枠を制作していきます




外側は木目金と市松模様を接ぎ合わせて模様出ししています

内側は全面を銀張りの岩石槌目で作りました




内側は全面が銀なので、それに合わせて
内枠も銀の岩石槌目で作りました

内枠をロウ付けした際にたわんだ所を
隙間に入る当金でキレイに直してから次の作業に進みます






                            彫金工房Aikawa 相川千明






2019年11月11日月曜日

市松木目煙草箱 制作2








市松木目煙草箱の制作過程

前回の材料作りから形を作っていきます




木目金と市松の接ぎ合わせ板を叩いて
両方の板が合わさるように曲げていきます




合わせ物なので両方がきっちり同じサイズになるように叩きます
タバコの収納サイズの高さ等も考えながらの調整です




両蓋を合わせたら、側面の板を
ロウ付けしていきます
ずれなく合わせ易くするための隙間冶具を作ります




隙間に冶具をはさんでカラゲ線で固定しました




色々な角度から何度も直角と水平を確認して
ロウ付けに入ります




側面をロウ付けした後に二つを切り離して
段々とケースの形を成してきました






                             彫金工房Aikawa 相川千明